■ニュース

ドイツのコンテストで最高金賞を受賞!「夢一喜」

世界最高峰の食肉加工品コンテストで金賞を受賞!

大阪泉州のハム・ソーセージ工房「夢一喜」

大手メーカーが数日で仕上げる製造法であるのに対し、
「夢一喜」では、ドイツの岩塩と
様々なスパイスをブレンドした
塩水に肉を漬け込み、4~5℃で保存。

10~14日かけてじっくり熟成させます。

その間毎日、
桶の中の肉の上下を入れ替えるという
重労働を繰り返します。

ちょうど良い熟成加減かどうかを見極めるのは、
長年の経験と感覚だけですから、
全て手作業でされています。

合成着色料や保存料は一切使用せず、
肉のタンパク質だけで旨味を引き出しています。

時間をかけてゆっくり熟成させることで、
素材が本来持っているものを引き出し、
自然にうまみが出てきたり、
やわらかくなったり、
深みのある味になったりするのです。

手作業のため、少量ずつしか製造ですが、
ドイツの伝統的製法による本場の味をお届けしています。

大阪のはずれの小さな工房から、
試行錯誤を繰り返した
秘伝の技術で生み出した製品は、

ハム、ソーセージの本場・ドイツで行なわれる
「SUFFA」などの
様々な国際的食肉加工品コンテストで、
毎年のように最高評価の賞を受賞しています。