■ニュース

大阪・堺で生まれた新食感大学芋「芋田屋又三郎」

弐度絡めの「飴爆弾」
芋田屋の看板商品ー又三郎あめいもー

じっくり素揚げで甘さを引き出した安納芋に
特製あまから飴を丹念に2度絡め。

香ばしい黒ごまをアクセントに
カリッカリの飴とトロ~リおいもが、新食感の大学芋です!

しっかり甘く、しっとり・ねっとりの
クリーミーな食感で
多くの人を魅了している”種子島産 安納芋”。
「蜜芋」と呼ばれるほどの甘さは、
温暖な気候と、ミネラルを多く含んだ風土の賜物。

そんな安納芋をじっくり時間をかけて
ゆーっくり揚げることで、
お芋の中のデンプンが糖に変わり甘みを引き出します。

飴は丁寧に二度絡めするのが芋田屋流。

ねっとり濃厚な安納芋に負けじと
食感を増した飴の存在感たるや、
もはや両方主役と言えましょう。

なにしろ、巷では“飴爆弾”の
異名をとるほどなのだとか。

大阪まで遊びに来るのは厳しい状況が続きますが、
飴の「ガリンッ」、
芋の「ネトッ」、
そして胡麻の「ジャリッ」の
トリプル食感がやみつきになる逸品を
ぜひご自宅でお楽しみください♪